フランス在住のアパートオーナーの奮闘録をお届けします。

賃貸アパートオーナー、フランスで奮闘す の巻

フランスでアパート賃貸を進めるためには次のことに気をつけましょう。まずは不動産法をある程度の理解が大切です。アパート経営をしていくならば、賃貸人や国とのトラブルを避けるためには必要なステップです。

また、部屋の内装や外装の修理も怠ってはいけません。賃借、賃貸人が互いに居心地よく過ごすために、日常的に部屋や建物に注意を払うことが求められます。しかし賃借人が請け負うこととそうでないことがあるので、トラブル回避のために契約はしっかりと行わなければなりません。

入居可能になれば賃貸人募集の告知を行います。告知方法は不動産業者や新聞、掲示板などを利用します。最近はインターネットも活用されています。その際、保証人の有無(大抵は必要ですが、難しい場合は家賃一括払いが求められます)や家賃、ペット可否(フランスではペットに対しては寛容な傾向)など明確な条件提示をしておきます。入居後はよりよいコミュニケーションをもって長く円満に住んでもらえるようにします。もちろんトラブルにも対応していかなければならないので、いいことばかりではないことを把握してかなければなりません。

賃貸アパートオーナー、フランスで奮闘す の巻

家を貸す準備

家を貸す準備はまずここから。こんな事に注意しましょう。

広く物件を知ってもらおう

広く物件を知ってもらうには、何をするべきか紹介します。

住む人を決めよう

住む人を決める方法とは。選ぶ基準を紹介します。

賃貸人とより長く円満に付き合うために

賃貸人とより長く円満に付き合うための方法とは。

Copyright(C) 2011 - 賃貸アパートオーナー、フランスで奮闘す の巻 - All Rights Reserved.